「遺伝子検査ダイエット」。簡単に言えば、最新技術に基づいて肥満関係遺伝子を検査し、その人の風習にあったダイエット手法を導き出してもらえるというもの。遺伝子は永遠変わらないので検査は一度きり。なかでも、額面が手頃なコーポレイトシステムDHCの遺伝子検査ダイエット目論みキット(税込み5250円)を早速、取り寄せた。

遺伝子を検査するというと少々オーバーな気もするが、美容の道筋は遺伝子から。存在の綿棒のような採取棒で、ほっぺたの内面をこすり細胞を付着させるだけといたって便利。疼痛もまったく薄い。ライフスタイルをマークシートに記入し返送すれば、約2~3週間で銘銘に合ったダイエット手法等の方針が届く。

同社訴求担当の金子くんに話を聞くと、多くの日本人の肥満関係遺伝子から押さえる風習は大きく分けて3仲間あるという。「洋なしシステムは『脂質控え目』リンゴシステムは『糖質控え目』、バナナシステムは『タンパク質プラス』な食生活がお勧め。遺伝子システムダイエット仲間ごとに、ひとつひとつ気をつけるべき食生活や効果的な作用、おすすめの栄養剤などが異なります。自分の風習にあった効率的なダイエット手法をアドバイスさせていただきます」

さて、遺伝子の結果が出るまで遠距離色恋で会えない亭主を待つかのような2週。待ちに待った私の遺伝子システムダイエット仲間は「洋なしシステム」だった。「痛手が貯まると沢山食べたくなる」動向。

「太る時はヒップ、大腿から」「体温が安く皮下脂肪を抱え込む」などという、耳をふさぎたく陥るようなやばい風習だった。

「肉やフライアイス、デザートなどの脂肪分の多いメニューを好む」「食生活がイレギュラーになったり、寝る前に摂る行為あるようですね」など、会ったこともないのに、食生活までバッチリ指摘され撃沈……DHCの遺伝子検査、恐るべし。

「外観の体つきと遺伝子システムダイエット仲間は比例するかのように思いがちですが、実は比例はしません。そのため、『検査成果リポート』を見て、驚かれるお客様も多いんです」(金子くん)。私は脂質で太りやすい仲間の「洋なしシステム」であるくせに、自己流で「食生活を燃やすから」と、クリームたっぷりの甘味は気にせず服薬。痩せないはずだ。

「DHCパーソナル・カルテ」では、脂質を減らすためのお菓子、お酒の取り去り人物などフードフードの決め方から、作り方、採り入れる手続きなど、遺伝子システムダイエット仲間ごとに、その人の風習に合わせた詳しい方針が提供される。過度なダイエットは厄介でも、私の場合はお菓子を和菓子に変えたり、お酒は酎高に、食べる型式の手続きを変更するだけで、厄介せずダイエットに行える。

何よりもありがたいのは作用嫌いな私でもとれる簡単なストレッチ・筋トレの手法を教えてくれる行為。希望者には自分の風習にあった栄養成分を効率よく摂取できるオーダーメード心地の同キット応対システムの栄養剤や、助けフードなどの介助もあり、本気のダイエットが行える。

「『遺伝子を調べた!』というだけで、痩せた気になってはいけない!」と自分に叱咤激励。まずは、食生活の手続きなどの食生活、便利動きを始めて2週で2距離減。食欲の秋だが、洋無し体つきだけにリバウンドは専用無し!?www.fnp-halios.com