バナー原稿 468×60 (120412)imp

オクラ

 

豊富な栄養成分がたっぷり詰まった野菜の優等生!

 

オクラの原産地は、アフリカ北東部(エジプト・エチオピア)で紀元前2世紀ころにはすでに栽培されていたといわれています。日本に渡ってきたのは江戸時代後期〜明治時代ですが、一般的に食用として広まったのは1960年以降です。今では和食の献立として欠かせない野菜ですが、食用としては浅いです。

 

オクラの特徴としては、ネバネバ成分でしょう。これには食物繊維のペクチンと糖タンパク質であるムチンが含まれています。ペクチンの効果としては、血糖値の上昇を抑える作用、腸内の改善作用、糖尿病予防や便秘改善などの効果があります。ムチンの効果としてコレステロールと血圧を下げる効果、肝機能を高める効果、さらには胃の粘膜を保護し、タンパク質の消化を高めてくれる効果など、オクラは人間にとってはとっても豊富な栄養素を含む野菜です。

 

その他にも、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、カルシウム、マグネシウム、カロテン、カリウム、鉄なども含み免疫効果も期待できます。オクラは栄養満点の野菜なので、夏はネバネバ料理をたくさん食べましょう!

 

主な栄養成分

 

オクラに含まれる栄養成分は、ペクチン、ムチン、食物繊維、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、ビタミンE、βカロチン、カルシウム、マグネシウム、カロテン、カリウム、鉄など。

 

 

 

ズッキーニ

オクラ関連ページ

アスパラガス
当サイトでは、美味しくて体に良い健康的な野菜ジュースだけを厳選して、ランキング形式でお伝えしています。他にも、それぞれの野菜の種類情報も紹介しています。当サイトを見て、みなさまの健康に役立てればと思っています。