バナー原稿 468×60 (120412)imp

基礎化粧品の使う順序

基礎化粧品とは、メイクのための化粧品では無く、スキンケアのための化粧品の実例です。そして、種類も個々です。訴えるアイテム枚数は十人十色だと思いますが、こちらでは、とにかく初心の流れを抑えておきましょう。

 

洗浄後の素肌には、(1)化粧水(2)美液(3)乳液(4)クリームが規則。基本的な実例ですが、スキンケアには、こういう順位を続けることがはなはだ有用です。

 

基礎化粧品を一つのクリエーターで揃えることを「通り道使い」と呼んだり行う。こだわって要る方もいるかもしれませんが、ばらばらでも全然問題ありません。

 

大切なのは自分に当てはまるものを順番に扱う実例!まずはこういう4つの順位を、頭に入れておいてください。
化粧品単位の役目で順位が決まっている

 

何故、基礎化粧品に「ふさわしい順位」があるのでしょう。それは、基礎化粧品それぞれのこなす役目がことなるからです。事に順番が残る様に、スキンケアにも順番があるんですね。それでは順番に扱う基礎化粧品と役目を解説していきましょう。

 

(1)化粧水
最初は化粧水。洗浄によって、汚れとともに失われたお肌の保湿成分をまかなうのが主な役目です。化粧水が敢然と角質層まで浸透する結果、後に貫く基礎化粧品が効率よく浸透し易くもなります。他の足取りは場合によっては省略しても好ましいですが、化粧水だけは、洗浄先々、一気に、必ず使用することをオススメします。洗浄と化粧水は、準備と考えてよいでしょう。

 

(2)美液
しわやたるみなど肌トラブルの気になる点に、OK成分を補います。「保湿」や「美白」など目的別に特化していて、足りない部分に集中的ケアができます。「スキンケアは下限で済ませたい」という皆様は省略してしまってもいいと思います。

 

(3)乳液
油分と水分をバランス良く内包していて、保湿仮につつ、必要な油分も補う役割を果たします。

 

(4)クリーム
乳液よりも油分を数多く配合されていて、これまでの手順で与えてきたOK成分をお肌に入れるフタの役目を行う。

 

化粧品の効果を引き出すためにも、順番をきちん意識して

 

規則正しいスキンケアの流れは上記の往来ですが、順番を誤るとどうでしょう。

 

当然、お肌の度合や肌品質によって、道中を飛ばしたり音量を姿すると思いますが、順番を誤ると、せっかくの基礎化粧品の効果がすごく損なわれてしまう。それぞれの役目を知れば案の定なのですが、効率的にお肌をケアできないばかりでなく、むしろお肌に悪誘惑をおよぼすこともあります。

 

例えば、洗浄先々、すぐさまクリームを塗ってしまったら…。お肌に必要な水分が浸透していないことを、俄然油分でフタをしてしまう結果、乾燥やにきびなどのトラブルに罹る場合があります。スキンケアの基本中の基本ですが、基礎化粧品は、ふさわしい順位を守って使用するようにください。

 

クレンジング探しならDUOクレンジングバームがいいですよ