バナー原稿 468×60 (120412)imp

たけのこ

 

脳を活性化させ、食物繊維もたっぷり!

 

たけのこの原産地は中国です。日本ではあの【古事記】にも載っているほどで、古くから親しまれ江戸時代には広く食べられるようになりました。たけのこの大半は、孟宗竹ですが、肉厚があり柔らかいのが特徴です。孟宗竹は春先に、地上に出てきて土を盛り上げたくらいで収穫されます。

 

その他のタケノコの種類には、マダケ(5月〜6月)やハチ(4月〜5月)ク、ネマガリタケ(5月〜6月)やモウソウチク(3月〜4月)、カンチク(10月ころ)などがあります。また、タケノコを朝に収穫したら、『その日のうちに食べろ』といわれるほど鮮度が大事です。

 

タケノコの栄養成分には、切り口にある白い粉【チロシン】が注目です。これはアミノ酸の一種で、脳の活性化を促進させる成分として注目されています。そして食物繊維もたっぷり豊富に含まれ、旨みのもととなるアスパラギン酸とグルタミン酸も含まれています。

 

  • 選び方のポイント

皮の色が濃く、ツヤのあるものを選びましょう。たけのこは鮮度が大事です。収穫してから時間が経ち、光に当たってしまうと、色が緑色に変わってしまいます。そうなると身が固くなってきます。

 

主な栄養成分

 

主成分はチロシンです。その他、食物繊維、アスパラギン酸、グルタミン酸、タンパク質、ビタミンB群、カリウムなど。

 

 

 

さやえんどう

たけのこ関連ページ

トマト
当サイトでは、美味しくて体に良い健康的な野菜ジュースだけを厳選して、ランキング形式でお伝えしています。他にも、それぞれの野菜の種類情報も紹介しています。当サイトを見て、みなさまの健康に役立てればと思っています。