バナー原稿 468×60 (120412)imp

な行記事一覧

高血圧・老化を防止に効果あり!ナスは、インド東部が原産地です。それから中国にに伝わり、日本には奈良時代の頃には食べられるようになってきました。ナスの食べ方は、様ようで、焼き物や煮物、漬物や田楽、そして天ぷらやお寿司などと、豊富なバリエーションで食卓を彩ります。ナスに含まれる成分は約90%以上は水分です。ほかには、血圧を下げる効果のあるカリウムや、肝臓の働きをサポートするコリンなどが含まれています。...

β−カロチンがたっぷり、ガンを予防に期待!ニンジンは、アフガニスタンの北部が原産地です。ニンジンといえばオレンジ色のイメージですが、原産地のアフガニスタンでは今でも白色や黄色、レッドパープル色やブラックパープル色などいろいろなニンジンが栽培されています。12世紀頃にはヨーロッパと中国に伝わりました。16世紀末には日本にも伝わってきました。現在、主流となっているオレンジ色のにんじんは、ヨーロッパから...

ビタミンCはホウレンソウの4倍!黄色い花が咲くアブラナ科のつぼみを食用とします。コマツナや水菜、白菜やチンゲンサイなどのつぼみも含まれます。ナバナの原産地は、ヨーロッパから中央アジアと言われてます。日本で食用として広まったのは昭和60年ぐらいとまだ浅い歴史です。ナバナは、1年中出回る野菜ですが、やはり旬は早春です。ナバナのつぼみはとても柔らかく、成長するための栄養分を蓄えているため、とても栄養が豊...

食欲増進をそそる薫りは、健康にも効果があります!にんにくの原産地は、タジキスタンやウズベキスタンなどの中央アジアだといわれていますが、西アジアの地中海沿岸、中国やアフリカのジュンガリアともいわれ、さまざまな説がありはっきりとはわかっていないようです。日本人は奈良時代の頃に中国から伝わってきました。古事記などの書籍にもニンニクについて記述されています。現在日本で出回っている国産ニンニクのほとんどは、...