バナー原稿 468×60 (120412)imp

モロヘイヤ

 

 

さまざまな栄養成分がたっぷりの『王様の食べる野菜』

 

モロヘイヤの原産地は、インド西部といわれていますが、エジプト〜中東にかけてともいわれております。モロヘイヤはクレオパトラの時代から体に良い野菜食材ということで、『王様の食べる野菜』とも言われていました。日本に伝わってきたのはまだ最近で、 1980年代頃です。

 

モロヘイヤの野菜としての栄養成分はとても豊富です。ビタミンB1やビタミンB2(ほうれん草の20倍以上)、そしてビタミンCやビタミンEなどのビタミン類はとても豊富です。さらにカルシウム(ほうれん草の7倍以上)やマグネシウム、カリウム、そして抗酸化作用に期待ができるクエルセチン、中でもカロテンは、他の野菜と比べてもモロヘイヤが1番多く含まれています。

 

また、モロヘイヤに含まれているムチンというネバネバ成分は、消化器の粘膜を保護、食欲不振、消化不良などの胃のトラブルを防いでくれます。便秘改善にも効果が期待できます。

 

主な栄養成分

 

モロヘイヤに含まれる栄養成分は、クエルセチン、ムチン、カロテン、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カルシウム、マグネシウム、カリウムなど。

 

 

 

にんにく

モロヘイヤ関連ページ

ミョウガ
当サイトでは、美味しくて体に良い健康的な野菜ジュースだけを厳選して、ランキング形式でお伝えしています。他にも、それぞれの野菜の種類情報も紹介しています。当サイトを見て、みなさまの健康に役立てればと思っています。